毎日がゆる木日和

目黒銀座商店街 女性整体師 赤ちゃん連れOK 産後骨盤矯正 マタニティケア「りらっくす工房 ゆる木」

目黒銀座商店街 女性整体師 赤ちゃん連れOK 産後の骨盤矯正 マタニティケア 一般女性の骨盤矯正のお店
営業時間:am10:30〜pm7:00最終受付 ご予約:03-3714-7909
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第3回かけっこ教室開催のお知らせ | main | 「医は仁術」展へ!【最終回】 >>

「医は仁術」展へ!【江戸の解剖】

0
      
    「ゆる木」稲垣です♪
    産後ケア、マタニティケアのお店です。
    赤ちゃん連れ歓迎!

    * * * * * * * * *


    ※ちょっとエグイ写真もあるので注意※

    解剖には主に罪人を使っていたようです。

    皮膚をめくった様子まで描かれて
    いてかなりリアルな描写。


    人も頭も、顔まで描かれていて
    なんとも生々しいことこの上ないです。


    興味深かったのは、仰向けで
    行う解剖もあるのですが、座位
    主に正座で解剖をしてたようです。

    西洋ではどうだったのでしょう。
    日本オリジナルでしょうか。

    上の車座の中心に座位で頭部のない
    検死体がみえます。


    背面の筋肉図。
    こちらも正座しています。


    どれもこれも正座。
    たまにあぐらです。
    あぐらは足を紐で固定している図もありました。


    もうひとつ気になったのは、
    臓器に対する概念です。

    回転寿司じゃないですヨ、コレ。


    臓器がひとつひとつ個別に
    描かれているもののあるのですが、
    首の骨から吊るすように臓器を
    つなげたまま解剖している様子が
    何枚か描かれていました。


    食道から睾丸までの図です。

    やはり、こちらも日本人独特の
    発想かも!?

    仰向けで解剖して、臓器をひとつひとつ
    取り出す方法とは違って、座位で解剖しつつ
    胴体の全面も背面もそぎ落としていく。

    残った臓器は、臓器の働きとして
    そのつながりや如何に!という発想かしら。

    西洋の解剖図鑑で、この方法見たこと
    ある方いますか?

    なんだかとっても新鮮で
    知らないという立場で
    解剖をしていく人たちの気持ちに
    なれた気がしました。



    >>>そしてまだ続く。
       え?もう充分?笑
       ラスト1回なのでお付き合いください。



    * * * * * * * * * * 
    「ゆる木」
    ご予約優先:03-3714-7909
    ホームページからも予約できます
    ◆営業時間:am10:30〜pm7:00
    - | permalink | comments(0) | - | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする